進学・受験   何でもガイド   進学・受験の最終目的は、良い生活、人生を送るために、学歴・学力・資格・教養といった武器を身につけることです。幼稚園の受験から始まり大学受験、卒業、就職、出世まで、あらゆる進学・受験に役立つ情報を提供する「進学・受験完全ガイド」。各種受験に役立つ裏技から各種学校のランキング情報など進学・受験に役立つ情報満載です。
君はどの大学を選ぶべきか 高校生(大学受験)eラーニング/4ヶ月 失敗しない大学選び
就職でトクする大学・損する大学ランキング 危ない企業の見分け方 危ない大学・消える大学(2011年版)


大学なんでもランキング
上場会社の社長になりやすい大学・学部
社長輩出率 大学・学部ベスト30
社長になりやすい大学ベスト30
社長輩出率 大学ベスト30
本当に強い大学ランキング
大学別・生涯給料ランキング
地域別・学部別 就職率ランキング
大企業就職率大学ランキング
人気企業100社への就職率ランキング
上場会社の役員になりやすい大学・学部
役員になりやすい大学ベスト30
役員輩出率 大学・学部ベスト30
役員輩出率 大学ベスト30
役員の出身大学ランキング100
役員報酬ランキング
国家公務員T種試験に強い大学ランキング
地方公務員試験に強い大学ランキング
司法試験に強い大学ランキング
公認会計士試験に強い大学ランキング
弁理士試験に強い大学ランキング
一級建築士試験に強い大学ランキング
医師国家試験に強い大学ランキング
歯科医師試験に強い大学ランキング
薬剤師試験に強い大学ランキング
獣医師国家試験に強い大学ランキング
総理大臣になりやすい大学ランキング
知事になりやすい大学ランキング
国会議員になりやすい大学ランキング
高校生に勧めたい大学ランキング
大学学長から評価の高い大学ランキング
アメリカの優良大学ランキング
イギリスの優良大学ランキング
スポーツ選手の出身大学
女性アナウンサーの出身大学
作家の出身大学
国会議員の出身大学
世界大学ランキング
高校からの評価が高い大学ランキング
「大学ブランド力」ランキング
JRANK クチコミ大学ランキング
通ってみたい首都圏の大学ランキング
大学別年収偏差値
危ない大学・消える大学
人事部長が選ぶ役立つ大学ランキング
出身大学別 平均年収ランキング
エリートビジネスマンが薦める大学ランキング
就職に強い二流大学と就職に弱い一流大学、どちらを選ぶか?
ソニー、キヤノン、三菱商事、みずほFG、超人気企業が欲しがる人材、語学は?
年収1000万円以上稼げる学歴(国公立)
年収1000万円以上稼げる学歴(私立)
一流校、二流校、三流校の分岐点
給料、昇進、ライバル校対決
MBAランキング
東京近郊の合コンしてみたい女子大ランキング
危ない大学・消える大学
人事部長が選ぶ役立つ大学ランキング
出身大学別 平均年収ランキング
エリートビジネスマンが薦める大学ランキング
有名400社の就職に強い大学ランキング100
就職に強い大学ランキング
就職先人気企業トップ100社への就職率
就業力が育つ大学ランキング
就職に強い二流大学と就職に弱い一流大学、どちらを選ぶか?
ソニー、キヤノン、三菱商事、みずほFG、超人気企業が欲しがる人材、語学は?
AO入試 廃止・縮小する大学相次ぐ
偏差値以外も大学情報公開義務化

就職に強い大学ランキング
就職超氷河期と言われる昨今、学生の就職活動を積極的に支援する大学でなければまともな就職ができない状況になっています。入試偏差値が高ければ必ずしも就職力が強いとは言えません。


ソニー、キヤノン、三菱商事、みずほFG、
超人気企業が欲しがる人材、語学は?

実は、どんな企業であっても欲しい人物像は似たようなもの。それは超人気企業であっても大きく変わりません。では、どんな企業からも求めれる人材とはどんな人材でしょう。また、求めれる語学や資格、能力は?・・・意外な結果が。


有名400社の就職に強い大学ランキング100
就職のために大学はあるわけではない。しかし、就職のことを考えずに大学を選べるほど今は恵まれた時代ではない。大学選びは就職可能な企業の選択肢を決める人生の大きな分岐点です。就職に強い大学かどうかが人生を決めると言っても過言ではない?


人事部長が選ぶ役立つ大学ランキング
東大生が優秀なのは当たり前。しかし、優秀な学生であれば企業で役に立つかはまた少し違う問題。企業は優秀な人材を欲しがっているが、それは勉強ができる学生を欲しがっているということではない。有名企業の人事部長が選んだ役立つ学生が多い大学のランキングは・・・。


危ない大学・消える大学
母校が消える。卒業生にとってもショックな出来事ですが、在学生にとっては、授業料は取られる、卒業資格は得られない、大卒の資格を得るためにはもう1度受験生からやり直し?というトリプルショックだけの話ではない。安易に大学を選ぶととんでもない災難が待ち受ける時代になりました。


エリートビジネスマンが薦める大学ランキング
年収1000万円以上のビジネスマンが自分の子供に進学先として薦める大学・学部のランキング。年収1000万円以上のビジネスマンと言えば、一般的に成功したエリートビジネスマンと言えるでしょう。そのエリートビジネスが自分の子供を進学させたい大学のランキング。エリートへの近道の大学と言えるでしょう。


出身大学別 平均年収ランキング
一流大学を卒業した人の平均年収が高いのは当たり前。みんなそのために良い大学を目指しているとも言えます。注目すべきは、比較的入学レベルは高くないのに高い年収を得られる可能性が高い「お得な大学」。
出身大学別平均年収ランキングでそのお得な大学が見えてきます。


就職に強い二流大学と就職に弱い一流大学、
どちらを選ぶか?

就職に強い二流大学と就職に弱い一流大学。大学を選ぶ際にどちらを選ぶべきか悩むところですが、実は答えは極めてシンプル。この選択を間違えると人生に大きな差が。


一流大学と二流大学、二流大学と三流大学の
境界線はどこ?

学歴を意識する場面、就職67.9%、出世54.0%、昇給52.5%。その他にも結婚、合コン、同窓会など人生において学歴を意識してします場面は意外と多いものです。一言で学歴と言っても、一流大学、二流大学、三流大学の分岐点というのはどのラインになるのでしょうか。


【ビジネス・スクールの実態】
一流大学でも受ければ合格レベル?

長引く不況の影響で少しでも資格やスキルを高めようという人が増えています。中でもビジネス・スクールを利用して最終学歴を一流企業に変えてしまうという荒業が注目されています。意外にも一流大学のビジネス・スクールでも受験すれば合格できるのが現状。ビジネス・スクールの入学基準の見直しが進められており、入試レベルが上がってしまう前の今が最後のチャンス?


大学ランキングニュース一覧
平均年収1000万円以上の企業への就職率ランキング
大学別就職先ランキング
進学・受験に役立つ情報倉庫
高校ランキングニュース一覧
予備校関連ニュース一覧


週間ダイヤモンド 9月18日号
全国537私大「財務状況」ワーストランキング初公開
「壊れる大学」の現況に切り込んだ総力特集!

 定員割れが続き、収支は赤字に沈んでいるある大学。
 とにかく数を確保したいと、学力には目をつむり学生をかき集めようとしてきた。「受験者を全員入れているわけではない」(幹部)とはいうものの、AO入試も一般入試も合格率は100%に近い。それでも入学定員に届かない。 高校からの評価も低下し、学校推薦で送り込まれてくる学生の質は、以前とは比べものにならぬほど低下した。人数も大きく減った。

 幹部は周辺地域の高校に足を運び、大学の教育プログラムや就職率をアピールするが、一度定着した評価は覆らない。
 「学生さえ集まれば、収支は好転する」というが、その道筋は見えない。財務はじわじわと悪化し、教育現場の疲労の色も濃くなってきた。 日本の18歳人口は現在、1992年ピークの6割にまで減り、今後とも緩やかな減少が続く。かたや全国の大学数は92年比5割増である。 大学を取り巻く環境は激変し、今後さらなる悪化は間違いない。最高学府たる大学は大きく変質し、壊れつつある。

 パート1では、淘汰の大波に襲われる大学の現況を追う。

 パート2では、明らかな供給過剰状態にもがき苦しみながら、生き残りを図る大学の動きをレポートする。
 入口の入試ではAO入試乱発の歪みが顕著になっている。出口の就職では、氷河期の再来を前にしてあの手この手を繰り出し、悪戦苦闘を続ける。
 パート3では、大学から大学院へと目を転じ、難関であるはずの大学院がいとも簡単に入れるものへとなりつつある驚愕の実態を追いかける。マネーロンダリング(資金洗浄)ならぬ最終学歴ロンダリングは、就職はもちろん、婚活、子供のお受験のためにも“活用”されている。

 パート4では、全国私大の財務ランキングを掲載する。財務数字は大学経営の窮迫ぶりを映し出す。個別大学ベースの帰属収支差額比率(企業でいえば経常利益率)を網羅的に明らかにしたのは初の試みである。


 入学定員割れを起こしている大学は全体の4割強、赤字大学も4割は近くある。じつは、こうした大学の経営者の危機感にはかなりのバラつきがある。
 日ごろから先頭に立って再建に取り組む経営者はそう多くはない。現場の危機感をよそに、財務問題について「わたしは専門外なので・・・」と口をつむぐ幹部、「いざとなれば資産を売ればいい」と開き直るトップ幹部も少なからずいた。 こうした大学の現況に切り込んだ本特集号




名門大学の偏差値の低い学部、中堅大学の偏差値の高い看板学部。
就職に有利なのはどっち?


就職には名門大学が有利、名門大学でないと書類審査の段階で弾かれていまう、などと言われています。

しかし、名門大学であっても偏差値の高い学部、低い学部があります。時には名門大学の偏差値の低い学部よりも名門でない大学の偏差値の高い看板学部の方が、偏差値が高く、難関学部となる場合もあります。

就職の面で見た場合、どちらの学部を選ぶのが得策でしょうか。
ある企業の採用担当者に聞いてみました。

「結果は、銀行や商社などの大手企業について一般論を言えば、名門大学の偏差値の低い学部の方が就職には有利になります。
各企業は大学ごとに採用予定枠があり、東大10名、早稲田20名、慶応20名など予め採用予定人数を計画して採用活動を行います。企業ではこの採用予定者数を確保することが重視されます。大学のOBやリクルーターも同様に大学名を重視するため、就職に有利な進学先を考える際は、学部より大学名を重視すべきです。

同じ大学内であれば難関学部の方が有利にはなりますが、大学名での格差の方がはるかに大きいと言えます。そもそも名門大学の看板学部や各学部の入試難易度は採用担当者も凡そ把握していますが、中堅大学の各学部の偏差値まではあまり把握していません。ましてや、中堅大学のどの学部が名門大学のどの学部より偏差値が上か下かまで関心を寄せるのはよほどの偏差値偏重の企業でしょう。そのような会社に採用されることが幸せかどうか考え物です。」


ジャストシステムは10月18日、全国の大学1年生および大学教職員に対して実施した意識調査の結果を発表した。それによると、大学1年生は大学生活の満足度を平均61.1点、講義の満足度を平均56.5点と評価しているという。

現在の大学に進学した理由を大学1年生に尋ねると、「大学のブランドの魅力」(34.0%)、「就職に有利」(33.5%)、「資格をとるため」(33.5%)など、就職に役立つ条件を求める回答が上位を占めた。

AO入試 廃止・縮小する大学相次ぐ
偏差値以外も大学情報公開義務化


大学偏差値ランキング
代々木ゼミナール
入試情報

学部・学科別の入試難易度ランキング、合否分布表、入試方法の変更案内、主要大学過去問研究、大学入試カレンダーなどの使える情報満載。

河合塾
学部系統別入試難易度予想ランキング

入試難易度(ボーダーライン)の学部系統別一覧。
早稲田予備校
主な大学の偏差値ランキング

主な国公立大学と首都圏の私立大学および関関同立を対象としたランキング。

東進ハイスクール
大学難易度ランキング

国公立大学別、私立大学別、文系・理系別大学入試難易度ランキング。


<注意事項>
■当サイトの情報は必ずしも最新の情報とは言えません。また、掲載している情報に誤りがあることもありますので、当サイトの情報の利用にあたりましては、ご自身の判断で自己責任でご利用ください。当サイトのご利用により生じた損失等について当方は一切責任を負いません。
Copyright:(C) daigaku-ranking 2005. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system